来自高达WIKI_高达模型动画最新最全资料库
敢达OL独角兽敢达.png

倒地值:600/1200

装甲 3,100 3,565 推进器冷却力 340 391
最高速度 1,195 1,374 机载量 2,240 2912
推进器容量 1,540 1,770 紧急返回性能 364 557
机体类型 强袭 地形适应 地・宇
COST 400 TIME 690
护盾耐久值 1,850 搬运能力
插槽数 0(8) M-COST 10
在阿纳海姆工业秘密进行的『UC计划』下,秘密开发的试做型MS。
全身可动骨架由精神感应骨架制作而成。

实装・特征・请求书

实装日:日服2018年05月30日(DX扭蛋机Vol.57);国服同日限时超级扭蛋机Vol.NEW

日服入手方法:DX扭蛋机Vol.57

国服入手方法:网页活动(参考价,第一次网页活动“可能性之扭蛋”中,金色设计图1200RMB)

  • 性能面
与新安洲同步实装的,全游戏内第一次出现的400COST机体。
在第二档倒地值等级内,极其优秀的装甲值。
当携带包括弹夹型/输出型火箭筒内的三种武器时,可能会出现超重现象,需要注意。
同时装备了三种固有模块,但是没有可自由选择模块的插槽,以“锁定感知”为主的性能变化,国服内可以考虑租赁模块或第二特性的方式填补,在日服则没有解决方案。
毁灭模式同时兼具随时间自动增长和达到最大值后逐渐减少两种特性,较难在需要恰好能够使用,一定程度上可以放弃,但恢复满血且增加血量上限的特性可以作为一个在战场上紧急恢复的手段使用
需要注意的是,虽然毁灭模式期间为霸体且免疫燃烧、电疗、网枪等效果,但是在变身动作期间被击中依然会发生跪地/倒地现象,变身前需要确认周围是否安全。
  • 武装面
第一次在强袭机体上配备的,可连射、高控制能力、高输出能力的半自动型光束兵器,虽然仅有贯通效果不能造成范围伤害,但对单个机体的击杀能力已经十分优越。
金色设计图限定的无切换动作齐射加特林射程较近,且与有切换动作的蓄力型加特林冲突,威力略微提升,故金色设计图相较来说,是多出了一种较易使用的战斗方式。
超级火箭炮 M弹夹强化型连射速度极快,可以考虑在NT-D模式下使用。
  • 请求书
本机请求书武装为“光束加特林枪(N)”、“马格南光束步枪”、“超级火箭炮 F输出型”,机体特性为“光束射手”。

机体特性

机体特性.png 效果
光束射手 光束·米加粒子炮系武器威力上升
快速装填 再装填时间缩短(注,本特性由国服玩家金中杀人狂确定,LV5时特性实际效果为17%)
高速切换 武器切换速度上升,切换后短时间内威力小幅提升

武器-性能

60mm头部火神炮

名称 重量 弹数 射击模式 倒地值 威力 集弹性能 连射速度 射程距离 装填时间 锁定
头炮1.png 60mm头部火神炮 160 40/240 自动 58 650 940 1,491 540 840 780
60mm头部火神炮 H命中强化型 180 45/270 自动 58 500 980 1,491 630 860 820
  • 解说
頭部に2門装備された60mmバルカン砲。
リロード時間が短く、小口径による速い连射速度が特徴。
连射速度达到1498时,连射效果会有所提升(由8.57发/s提升至10发/s)。
※注意:实际存在小数点,故最好强化至1499
   [毁灭模式]
变为齐射式/射程距离减少

马格南光束步枪

名称 重量 弹数 射击模式 倒地值 威力 集弹性能 射程距离 装填时间 锁定
联邦光束步枪42.png 马格南光束步枪 580 5/40 单发 420 7,500

(8,250)

940 630 600 740

(888)

  • 解说
単発威力を重視したビーム兵器。最多贯穿一台敌机。
装弾数は5発だが他BR系武装よりと比べて高威力・高DPを誇る。
弹速1800m/s、射击间隔36F(0.6s)、理论DPS约13777、DPPS约701。
   [毁灭模式]
威力增加/弹速增加/射程距离減少/武器切换时间减少。
射击间隔缩短/射击时的后坐力减少

光束军刀

名称 重量 倒地值 威力 锁定
联邦光束刀49.png 光束军刀 240 400 6,500 740
光束军刀 改良型 300 400 7,000 740

(888)

光束军刀 D破坏 出力强化型 360 400 7,500 740
光束军刀 O轻量型 180 400 6,000 740
  • 解说
格闘武器。第一把多段冲刺格斗时,保留3倍面板威力的格斗武器。
    • D格
威力は全て通常の3倍。
   D破坏 出力强化型
左から右への薙ぎ払い
  • [毁灭模式]
ビームトンファー二刀流に変化。
威力、攻撃回数、モーションが変化する。
ただし盾が機能しなくなる。
    • D格
威力は全て通常の3倍。
   D破坏 出力强化型
直進しながら両手突き、直進しながら中央からの薙ぎ払いの2阶段

光束加特林枪

名称 重量 弹数 射击模式 倒地值 威力 集弹性能 连射速度 射程距离 装填时间 锁定
独角兽敢达武器1.png 光束加特林枪 440 40/280 强制蓄力自动 75 1,400 900 1,480 810 520 740
光束加特林枪 H命中强化型 480 45/315 强制蓄力自动 75 1,200 940 1,480 930 450 760
光束加特林枪 F输出型 540 30/180 强制蓄力自动 75 1,500 860 1,480 750 560 720
  • 解说
切换时从后背取出、发射前需要短暂蓄力的光束兵器。
蓄力完后自动开始设计、威力增加20%,并能够贯穿2台敌机。
连射速度达到1485时,连射效果会有所提升(由7.5发/s提升至8.57发/s)。
※注意:实际存在小数点,故最好强化至1486
蓄力时间:无印型0.7s、命中型0.5s、输出型1s。
   [毁灭模式]
威力增加/射程距离减少/连射速度增加/蓄力时间缩短
类型 威力 DPS(计入蓄力威力提升) 光束特性时DPS DPPS(计入蓄力威力提升) 全弹火力 全弹射击时间
无强化 威力MAX强化 连射1阶段强化 威力MAX・连射1阶段强化 光束3 光束5 连射无改造 连射改造后 威力无改造 威力最大 连射无改造 连射改造后
N 1,400 12,600 13,860 14,397 15,837 17,420 18,212 675 771 67,200 73,290 5.3秒 4.6秒
H 1,200 10,800 11,880 12,340 13,574 14,931 15,610 64,800 71,280 6.0秒 5.2秒
F 1,500 13,500 14,850 15,426 16,968 18,664 19,513 54,000 59,400 4.0秒 3.5秒

2连装光束加特林枪

名称 重量 弹数 射击模式 倒地值 威力 集弹性能 连射速度 射程距离 装填时间 锁定
独角兽敢达武器2.png 2连装光束加特林枪 340 20/160 自动齐射 40 1,000 840 1,480 600 580 780
2连装光束加特林枪 H命中强化型 390 25/175 自动齐射 38 800 860

(888)

1,480 680 620 820
2连装光束加特林枪 F输出型 450 15/90 自动齐射 37 1,200 820 1,480 520 540 740

黄色字 为金色设计图特有装备

  • 解说
护盾内藏的齐射式光束兵器。消耗一发子弹会射出两发弹头。
瞬間火力に優れる代わりに装弾数が少なく、精度が低めの近距離追撃向け武装になっている。
需要装备护盾时才可使用,没有切换动作。
连射速度达到1485时,连射效果会有所提升(由7.5发/s提升至8.57发/s)。
※注意:实际存在小数点,故最好强化至1486
   [毁灭模式]
威力增加/射程距离减少/连射速度增加(当无强化时提升至8,57发/s,推测当连射速度达到1485以上时,可增加至10发/s)
类型 威力 DPS 光束特性时DPS DPPS 全弹火力 全弹射击时间
无强化 威力MAX强化 连射1阶段强化 威力MAX・连射1阶段强化 光束3 光束5 连射无改造 连射改造后 威力无改造 威力最大 连射无改造 连射改造后
N 1,000 15,000 16,500 17,140 18,854 20,739 21,682 600 685 40,000 44,000 2.6秒 2.3秒
H 800 12,000 13,200 13,712 15,083 16,591 17,345 570 651 40,000 44,000 3.3秒 2.9秒
F 1,200 18,000 19,800 20,568 22,624 20,739 21,682 555 634 36,000 39,600 1.5秒 1.7秒

超级火箭炮

名称 重量 弹数 射击模式 倒地值 威力 集弹性能 射程距离 装填时间 锁定 效果范围
联邦火箭炮16.png 超级火箭炮 580 1/12 单发 650 7,000 700 750 700 740 4,167
超级火箭炮 M弹夹强化型 640 3/24 单发 400 5,000 740 720 560 700 3,750
超级火箭炮 F输出型 760 1/6 单发 550 11,000 660 690 600 660 4,167
  • 解说
ダウンポイントに優れる高コスト用の上位バズーカ系武装。
弹夹型射击间隔20F(约0.35s),弹速约800m/s,其他型号弹速暂未测试。
   [毁灭模式]
威力增加/倒地值增加/射程距离减少/效果范围增加
超级火箭炮 M弹夹强化型的射击间隔缩短至17F(0.3s),威力、倒地值提升至约560,其中威力为对墙自爆得出,对贴吧目前的测试结果无法做出合理解释。


其他

名称 重量 拆卸 耐久值
独角兽敢达护盾.png 独角兽敢达专用护盾 510 可能 1,850
  • 解说
ビームコーティングが施されたシールド。
通常情况时减轻25%的光束属性伤害、NT-D发动时减轻35%。
装备护盾时才可以装备2连装光束加特林枪。

NT-D

插槽数4、TIME+0的固有模块,不可拆卸。
当变身条积累到最大值时按下行动键启动。启动后持续30秒。
变身条可以通过等待时间或者击杀敌机积攒(仅计入击杀时,大概需要20机)。
当变身条积攒到最大值时,会听到一声音效,并且变身条变为黄色,且变身条此时开始自动减少(15秒后会完全清零),需要在完全消失前才可以使用毁灭模式。
当自机被击破,经过再出击时间再次出击时,变身条会保留大部分。当编组内包含多台独角兽时,变身条不共用。
   【毁灭模式】
发动时装甲值完全恢复并有略微提升(约620),需注意变身时会短暂停留在空中。 
发动后不会发生【短路・倒地・呆滞・燃烧・减速】等状况。
【护盾】受到光束属性的攻击时损害进一步减轻(变为35%)。
最高速度上升。
攻击主基地时,造成的伤害急剧减少(75%)。
不能进行紧急返回、SFS的搭乘、拾取、搬运。

全身精神感应骨架

插槽数2、TIME+0的固有模块,不可拆卸。
机体的步行速度上升,武器的切换时间、射击时的后坐力、着地时的硬直减少。

护盾大破抑制

插槽数2、TIME+0的固有模块,不可拆卸。
护盾不会被完全破坏,护盾耐久值为0再重新修复后、可再次使用护盾。

装备限制一览表

名称 限制类型
A B C D E
头炮1.png 60mm头部火神炮
60mm头部火神炮 H命中强化型
联邦光束步枪42.png 马格南光束步枪
联邦光束刀49.png 光束军刀
光束军刀 改良型
光束军刀 D破坏 出力强化型
光束军刀 O轻量型
独角兽敢达武器1.png 光束加特林枪
光束加特林枪 H命中强化型
光束加特林枪 F输出型
独角兽敢达武器2.png 2连装光束加特林枪
2连装光束加特林枪 H命中强化型
2连装光束加特林枪 F输出型
联邦火箭炮16.png 超级火箭炮
超级火箭炮 M弹夹强化型
超级火箭炮 F输出型

☆…为装备护盾时可以装备的武装。

涂装一览

独角兽敢达1.png 独角兽敢达11.png
默认 装备“2连装光束加特林枪”系武器

机体解说

型式番号 RX-0

地球連邦軍の再編計画の一環である参謀本部直轄「UC計画」の最終阶段として開発された実験機。宇宙世紀0096年に、アナハイム・エレクトロニクス社が保有する月面のグラナダ工場で2機が完成した。ガンダムタイプに区分されてはいるが、劇中での正式名称は「RX-0 ユニコーン」で、「ユニコーンガンダム」の名はいわゆる愛称である。

第二次ネオ・ジオン抗争時のニュータイプ専用機で限定的に採用されていた特殊構造材「サイコフレーム」で、機体の駆動式内骨格「ムーバブルフレーム」のすべてを構築した、史上初のフル・サイコフレーム機である。サイコフレームの限界能力を実証すべく先行開発された、ユニコーンガンダムの「NT-D」発動時(デストロイモード)の実験機「シナンジュ」のデータが反映されており、従来のサイコフレーム機を遥かに凌ぐ機体追従性を獲得している。

通常は、一角獣(ユニコーン)の名の由来である額の一本角(ブレードアンテナ)とフェイスガードの被覆によりツインアイの露出域が非常に細いのが特徴の「ユニコーンモード」で運用される。ニュータイプを感知することで機体のリミッターが解除され、全身の装甲が展開し内部フレームが拡張、ブレードアンテナがV字型に割れガンダムタイプの顔が現れる真の姿「デストロイモード」に“変身”する。“変身”后は、各部に露出したサイコフレームがまばゆく発光するのが特徴である。なお、最大の特徴である一本角(ブレードアンテナ)の形状から、作中では「ユニコーンモード」は「一本角」、「デストロイモード」は「角割れ」の通称で呼ばれている。

劇中の設定では、ガンダムタイプとして開発された理由については、地球連邦軍の再編計画におけるプロパガンダ的な意味合いが強く、ジオン根絶における絶対的象徴として、また科学技術の力によってニュータイプ神話を打ち砕くための存在として、ニュータイプ神話と共にあり続けた「ガンダム」以上にふさわしい機体はないという思惑があったのであろうと言及されている。地球連邦軍参謀本部のUC計画担当幕僚であるミハエル・ユーリック中将からアナハイム・エレクトロニクス社の上層部への要求は「地球連邦軍参謀本部が想定する所の、ニュータイプ兵器(サイコミュ兵器)との戦闘状況を、完全に制圧・掌握できる性能。これこそがUC計画で開発・生産されるMSに求められるすべてである」という言葉であったとされ、この言葉が地球連邦軍にとってのUC計画がいかなるものかを端的に表していた。

しかし、劇中においてはそうした思惑とは裏腹に、1号機には本来の設計に相反するシステムが組み込まれた后、偶発的な要因から地球連邦でもジオンでもない民間人の個人に運用を委ねられ、ニュータイプの有り様を巡って、中立的な立場で双方の勢力を転々とすることとなる。また2号機は1号機を回収するため、対立する勢力によって運用され幾度か死闘を繰り広げるが、最終的には1号機と共闘することになった。

なお、機体が“変身”するという要素は「新しいガンダムに今までにやったことのない要素を取り入れるとしたら?」と原作者の福井晴敏が考案した。当初は「それは商品化の際にやりづらいですよ」とカトキに反対されたという。

(Wikipediaより抜粋)